5.27『J-FIGHT&J-GILRS 2018 〜2nd〜』全試合結果 ニュース一覧

『J-FIGHT&J-GILRS 2018~2nd~』
2018年5月27日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始:17:30

2018年5月27日(日)東京・新宿FACEにて『J-FIGHT&J-GIRLS 2018 2nd』が行われた。

▼第14試合 J-NETWORKヘビー級次期挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
 【上:赤コーナー/下:青コーナー】

×工藤勇樹[くどう ゆうき](エスジム/蹴拳インプレッションルールライトヘビー級 王者)
○遊笑[ゆうや](Y’s glow/J-NETWORKヘビー級7位) 
判定 0-3(28-29,28-29,28-29)※遊笑がトーナメント勝ち上がり

5/6大会から開幕したJ-NETWORKヘビー級王者アレックス・ロバーツへの挑戦権を懸けたトーナメントの一回戦第二グループ、工藤勇樹(エスジム/蹴拳インプレッションルールライトヘビー級王者)vs遊笑(Y’s glow/J-NETWORKヘビー級7位)の一戦。

1R 左右ミドルをヒットさせる工藤。遊笑はインローを返す。

2R 遊笑は左ミドルの空振りからバックブロー、パンチの連打で工藤をコーナーへ詰める。遊笑の有効打で工藤は右目尻をカット。ドクターチェックが入る。

3R パンチをヒットさせる工藤に対し、遊笑は左ハイキックでダウンを奪う。

工藤は逆転を狙い何度もストレートをヒットさせるが、猛攻を凌いだ遊笑の判定勝利。5/6大会で勝ち上がっている坂本英則とのトーナメント決勝戦へと駒を進めた。


▼第13試合 J-NETWORKミドル級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
【上:赤コーナー/下:青コーナー】

×庵谷“出美流漫”鷹志[いおたに“でびるまん”たかし](Existing Break/元UKFインターナショナルスーパーミドル級王者 TRIBELATE同級王者)
○斉藤敬真[さいとう けいま](インスパイヤードモーション/J-NETWORKミドル級9位 J-NETWORK2016年度同級新人王)
※庵谷が前日計量を1.23kgオーバーで規定時間内にクリア出来ず試合中止。斉藤は計量をクリアしていたため、不戦勝としトーナメント勝ち上がり


▼第12試合 J-NETWORKミドル級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
 【上:赤コーナー/下:青コーナー】

○松島勲也[まつしま いざや](MSJ/KOSスーパーウェルター級王者)
×平塚洋二郎[ひらつか ようじろう](チーム・タイガーホーク/大道塾仙南支部/J-NETWORKミドル級10位 J-NETWORK2017年度同級新人王 2013年北斗旗全日本重量級王者)
判定 1-0(29-29,30-29,29-29) EX 3-0(10-9,10-9,10-9)※松島がトーナメント勝ち上がり

今大会より開幕したJ-NETWORKミドル級王者・吉野健太郎への挑戦権をかけたトーナメント一回戦第一グループ、松島勲也(MSJ/KOSスーパーウェルター級王者)vs平塚洋二郎(チーム・タイガーホーク/大道塾仙南支部/J-NETWORKミドル級10位 J-NETWORK2017年度同級新人王)の一戦。

1R 積極的に手数を出しプレッシャーをかける松島。平塚はどっしりとかまえ、クリーンヒットを許さない。

2R パンチで攻める松島。さらには肘を狙う。平塚は三日月蹴りを返し、ローからパンチに繋げる。

3R 松島はボディ、ストレート。プレッシャーををかけながらパンチからローと前に出る。平塚はワンツーから右ローで松島の攻撃をうまくさばいていく。

本戦では決着がつかず、延長戦へ突入。松島は延長戦でさらにプレッシャーをかけ、ロー、ミドル、ボディ、さらには肘を狙う。平塚はローから左右フックを返し、カウンターも狙う。一進一退の攻防であったが、手数で上回った松島が判定勝利。トーナメント決勝戦へと駒を進めた。


▼第11試合 J-NETWORKスーパーフェザー級次期挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
 【上:赤コーナー/下:青コーナー】

×光太朗ZLS[こうたろう ぜろす](チームゼロス/J-NETWORKフェザー級8位)
○足利和正[あしかが かずまさ](Aim High)
判定 1-2(28-29,28-29,29-28)※足利がトーナメント勝ち上がり

J今年2月から開幕したスーパーフェザー級次期挑戦者の座を懸けたトーナメントの一回戦第二グループ、光太朗ZLS(チームゼロス/J-NETWORKフェザー級8位)vs足利和正(Aim High※佐藤正和より改名 )の一戦。

1R ローの蹴り合いをする両者。足利はフェイントを使いながら右ストレート、ボディブロー、ミドルも繰り出す。光太朗はローを返す。

2R 一進一退の攻防を繰り返す両者。足利は右フック、右ロー。光太朗は右ストレートから右ローを返す。

3R 左右フックを繰り出す足利。さらにはミドルからストレート。光太朗は首相撲から膝を返す。足利はリズムよくパンチからキレのあるミドルキックをクリーンヒットさせる。

光太朗の反撃を許さず、パンチとミドルを効果的にヒットさせた足利の判定勝利。
2月大会で勝ち上がっているSHUN JANJIRAとのトーナメント決勝戦へと駒を進めた。


▼第16試合 J-NETWORK 2018 ライト級新人王トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1 ※肘無し
 【上:赤コーナー/下:青コーナー】


○川原龍弥[かわはら りゅうや](北流会君津ジム)
×加藤雅也[かとう まさや](TSKjapan)
3RKO 1′56″ ※川原が2018年度新人王に

前半からスピーディーな蹴り合いを展開する両者。前蹴りや左右ミドルをヒットさせる川原。
加藤もスイッチしながらローキックを返す。徐々に川原の攻撃がクリーンヒットし始めた

3R、左のテンカオが加藤の右脇腹を抉るように突き刺さり、加藤は悶絶。

川原の劇的な新人王獲得となった。

 

 

その他試合結果は以下のとおり。

 


■J-NETWORK

『J-FIGHT&J-GILRS 2018 2nd』
2018年5月27日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始:17:30

<全対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼第16試合 J-NETWORK 2018 ライト級新人王トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1 ※肘無し
○川原龍弥[かわはら りゅうや](北流会君津ジム)
×加藤雅也[かとう まさや](TSKjapan)
3RKO 1′56″ ※川原が2018年度新人王に

▼第15試合 スーパーフェザー級 3分3R ※肘有り
○ウルフタツロウ[うるふたつろう](アントジム)
×暁人[あきと](BE WELL)
判定 2-0(29-29,30-29,30-29)

▼第14試合 J-NETWORKヘビー級次期挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1 
×工藤勇樹[くどう ゆうき](エスジム/蹴拳インプレッションルールライトヘビー級 王者)
○遊笑[ゆうや](Y’s glow/J-NETWORKヘビー級7位) 
判定 0-3(28-29,28-29,28-29)※遊笑がトーナメント勝ち上がり

▼第13試合 J-NETWORKミドル級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
×庵谷“出美流漫”鷹志[いおたに“でびるまん”たかし](Existing Break/元UKFインターナショナルスーパーミドル級王者 TRIBELATE同級王者)
○斉藤敬真[さいとう けいま](インスパイヤードモーション/J-NETWORKミドル級9位 J-NETWORK2016年度同級新人王)
※庵谷が前日計量を1.23kgオーバーで規定時間内にクリア出来ず試合中止。斉藤は計量をクリアしていたため、不戦勝としトーナメント勝ち上がり

▼第12試合 J-NETWORKミドル級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
○松島勲也[まつしま いざや](MSJ/KOSスーパーウェルター級王者)
×平塚洋二郎[ひらつか ようじろう](チーム・タイガーホーク/大道塾仙南支部/J-NETWORKミドル級10位 J-NETWORK2017年度同級新人王 2013年北斗旗全日本重量級王者)
判定 1-0(29-29,30-29,29-29) EX 3-0(10-9,10-9,10-9)※松島がトーナメント勝ち上がり

▼第11試合 J-NETWORKスーパーフェザー級次期挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1 
×光太朗ZLS[こうたろう ぜろす](チームゼロス/J-NETWORKフェザー級8位) 
○足利和正[あしかが かずまさ](Aim High)
判定 1-2(28-29,28-29,29-28)※足利がトーナメント勝ち上がり

▼第10試合 スーパーフライ級 3分3R※肘有り
×HiROKAZU[ひろかず](マッハキックボクシングジムプラス)
誠剛[せいごう](インスパイヤードモーション)
1RKO 0′50″

▼第9試合 スーパーフェザー級 3分3R ※肘有り
○雄大[ゆうだい](Team Free Style/J-NETWORKスーパーフェザー級9位)
×トニー・アクシスフィットネスジム[とにー・あくしすふぃっとねすじむ](AXIS FITNESS GYM)
2RTKO 0′32″

▼第8試合 フェザー級 3分3R
×真樹翔太[まき しょうた](真樹ジム AICHI)
○藤田“酔拳”義文[ふじた“すいけん”よしふみ](Y’ZD GYM)
※真樹がドクターストップで欠場により、藤田の不戦勝

▼第7試合 58.5kg契約 3分3R ※肘あり
×悪七俊介[あくしち しゅんすけ](K&Kキックボクシングジム)
○下東悠馬[しもひがし ゆうま](TSKjapan)
判定 0-3(28-30,28-30,28-30)

▼第6試合 58kg契約 3分3R
○幸人[ゆきと](真樹ジム AICHI)
×飯田渓太[いいだ けいた](Aimhigh)※デビュー戦
判定 3-0(30-28,30-28,30-28)

▼第5試合 フェザー級 3分3R
○知BRING IT ON[とも ぶりんぐいっとおん](BRING IT ONパラエストラAKK)
×勝希[しょうき](mao sports)
1RKO 0′39″

▼第4試合 J-NETWORK 2018 スーパーライト級新人王トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1※肘無し
○大将[たいしょう](キックボクシングジムKIX)
×MASA[まさ](クラミツムエタイジム)
3RKO 1′44″ ※大将がトーナメント勝ち上がり

▼第3試合 J-NETWORK スーパーフェザー級新人王トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1※肘無し 
○仁琉丸[じんりゅうまる](ウルブズスウワッド)
×井上昇吾[いのうえ しょうご](白山道場)
1RKO 1′29″ ※仁琉丸がトーナメント勝ち上がり

▼第2試合 J-NETWORK 2018 スーパーバンタム級新人王トーナメント サバイバルマッチ1※肘無し 
○薦田史樹[こもだ しき](MSJ)
×裕亮[ゆうすけ](光ジム)
1RKO 1′21″ ※薦田がトーナメント勝ち上がり

▼第1試合 バンタム級 3分3R 
×森岡悠樹[もりおか ゆうき](北流会君津ジム)
○弘樹[ひろき](Y’ZD GYM沖縄)
1RTKO 2′59″

 



<2018年J-NETWORK大会日程>

7/8 (日)大森ゴールドジム/昼夜J-GROW
8/19(日)後楽園ホール/夜J-KICK
9/30(日)新宿FACE/昼J-FIGHT&J-GIRLS・夜J-FIGHT
10/20(土)後楽園ホール/夜J-KICK
11/4 (日)大森ゴールドジム/昼夜J-GROW
11/18(日)新宿FACE/昼J-FIGHT&J-GIRLS・夜J-FIGHT
12/16(日)新宿FACE/昼J-NEXUS・夜J-NEXUS

  • 求人情報 J-NETWORK大会事業部 スタッフ募集中
  • プロテスト
  • JKG 公式サイト
  • J-NETWORK キックボクシングジム 無料体験実施中
PAGE TOP