J-GIRLS女子キックボクシング2015年以前の大会結果

★試合結果

4.19『J-FIGHT&J-GIRLS 2015 2nd』
大会結果詳細

2015年4月19日(日) 新宿FACEにて男女合同大会『J-FIGHT&J-GIRLS 2015 2nd』が行われた。

2月に開幕したJ-GIRLSピン級次期王者挑戦者決定トーナメント。風雲急を告げる“J-GIRLS軽量級戦線・最激戦区”の準決勝2試合の他、J- GIRLSミニフライ級のランキング査定試合、さらにはJ-FIGHTスーパーフライ級の新人王トーナメントと、若手選手によるエネルギッシュなカードの 連続に、会場の新宿FACEは熱気と興奮に包まれた。

ダブルメインのJ-GIRLSピン級次期王者挑戦者決定トーナメント準決勝戦、松下えみ(T-KIX GYM/J-GIRLSピン級1位)とCOMACHI(MSJ/J-GIRLSピン級4位)の一戦は、COMACHIの計量オーバーによる減点1からのスタート。
前蹴り、ロー、ミドル、多彩な蹴りで序盤から激しくぶつかり合う両者。松下は構えを切り替え、ジャブから鮮やかな左ストレートをヒット。

一方の COMACHIも鋭く伸びる前蹴りで松下をマットに飛ばす豪脚を披露、両者共に持ち味を活かした互角の攻防を見せる。後半、距離を詰める松下が COMACHIの脚を封じるパンチラッシュで一気にたたみ掛ける。

COMACHIはホールディングでレッドカードを取られるが尚も手数を緩めない。定評ある蹴りに加え、キレ鋭いパンチも強くアグレッシブに飛び込んでいくが、松下の動きを止めるには至らず。序盤から終始リードした松下が、ブランクを感じさせ ない戦いぶりで見事快勝した。

「吉野選手に勝つためには克服しなければならない課題がある。今のままでは上の選手には勝てないので、意識して臨みたい」
7ヶ月ぶりの復帰戦を強い気持ちで戦い抜いた。決勝を見据える瞳が輝きを放つ。

 

 

 

 


ダブルメインの同トーナメント準決勝戦別枠、吉野楓香(闘神塾/J-GIRLSピン級5位)と宗田智美(SB・シーザージム渋谷/J-GIRLSピン級6位)の一戦。

得意のパンチで速攻を仕掛ける宗田、吉野も素早くこれに応戦。序盤から両者のスピーディーな打ち合いが展開する。
吉野はジャブから鋭いロー、前蹴りへと繋 げ、前に出る宗田を寄せ付けない。
接近しての攻防が続く中、前蹴りから回転の速いパンチの連打を上下に散らす吉野。粘り強く立ち回る宗田をジリジリと下がらせる。

終盤にホールディングでイエローをとられるも、随所で冴える鮮やかなパンチと蹴りの絶妙なコンビネーションで試合を優位に進め、善戦する宗田の気持ちを打ち砕く。
吉野が貫録の判定勝ちでシュートボクサーを撃破。社会人1年目の初戦となった節目の一戦を無難に制した。

「松下さんには一度負けているので、リベンジをしたいです。押忍!」
少ない言葉の中にも強い気持ちを込め、見事トーナメント決勝へ名乗りを上げた。

 

 

 


また第3試合のJ-GIRLSミニフライ級のランキング査定試合、Krushでキャリアを積んできた楓花(ドージョー☆シャカリキ)とSBランカーの Union朱里(SB・グラップリングシュートボクサーズ/SB女子ミニフライ級2位)の一戦は2RにUnionが左ストレートでダウンを取りフルマーク の判定勝利。

マイクを握ったUnionは「5月24日、シュートボクシングとの合同興行の発表があったと思うんですけど、そこに出場させてください! 今 5連勝中なんで、この勢いで片っ端からぶっ飛ばしていきます!」とアピールした。

その他試合結果は以下のとおり。

(文/Ryuta Esaki)

 

 

 


■J-NETWORK
『J-FIGHT&J-GIRLS 2015 2nd』

2015年4月19日(日) 新宿FACE
開場:17:00 試合開始:17:30

(左:赤コーナー/右:青コーナー)

第8試合ダブルメインイベント J-GIRLSピン級次期王者挑戦者決定トーナメント
 準決勝戦  サバイバルマッチ1
松下えみ
[Emi Matsushita]
判定3-0
30-28
29-28
30-27
COMACHI
[Comachi]
×
T-KIX GYM/
J-GIRLSピン級1位
MSJ/
J-GIRLSピン級3位
※松下えみがトーナメント勝ち上がり、決勝進出

第7試合ダブルメインイベント J-GIRLSピン級次期王者挑戦者決定トーナメント
 準決勝戦  サバイバルマッチ1
吉野楓香
[Fuuka Yoshino]
判定3-0
30-28
30-28
30-28
宗田智美
[Tomomi Souda]
×
闘神塾/
J-GIRLSピン級5位
SB・シーザージム渋谷/
J-GIRLSピン級6位
※吉野楓香がトーナメント勝ち上がり、決勝進出

第6試合 ライト級  サバイバルマッチ1
× 小磯哲史
[Tetsushi koiso]
判定0-3
28-30
28-29
28-29
まさきラジャサクレック
[Masaki Rachasakreck]
TESSAI GYM ラジャサクレックジム

第5試合 J-NETWORK 2015 スーパーフライ級新人王トーナメント 準決勝
  サバイバルマッチ1 ※肘無し
× 渡辺亮
[Ryou Watanabe]
判定0-2
28-30
29-29
28-29
マーシー・カノムパン
[Marcy Khanompang]
武風庵 Dropout
※マーシーがトーナメント勝ち上がり、決勝進出

第4試合 J-NETWORK 2015 スーパーフライ級新人王トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1 ※肘無し
松岡宏宜
[Hiroki Matsuoka]
判定3-0
30-28
30-27
30-29
星☆葵
[Hoshiki]
×
闘神塾 吉田道場
※松岡宏宜がトーナメント勝ち上がり、決勝進出

第3試合 J-GIRLSランキング査定試合 ミニフライ級  サバイバルマッチ1
× 楓花
[Fuuka]
判定0-3
28-30
27-30
28-29
Union朱里
[Union Akari]
ドージョー☆シャカリキ SB・グラップリングシュートボクサーズ/
SB女子ミニフライ級2位

第2試合 59kg契約  2分3R
× 閃光 DATE
[Flash Date]
判定0-3
27-30
27-30
27-30
北嶋優花
[Yuka Kitajima]
Team DATE MSJ

第1試合 48kg契約  2分3R
× ルミコ
※田中ルミコより改名
[Rumiko]
判定0-3
28-29
28-30
28-30

[Tamaki]
BLITZ GYM Dropout

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。