J-GIRLS女子キックボクシング2015年以前の大会結果

★試合結果

6.21『J-FIGHT&J-GIRLS 2015 3rd』
大会結果詳細

2015年6月21日(日)東京・新宿FACEにて『J-FIGHT&J-GIRLS 2015 3rd』が行われた。

今大会のメインは元J-NETWORKスーパーフライ級王者の若山龍嗣(ドラゴンジム/PK-1スーパーフライ級王者、DBS同級王者、J-NETWORK同級1位)と新進気鋭の鳩(TSKjapan/J-NETWORKスーパーフライ級6位)による王座決定戦。

若 山は昨年6月のJ-FIGHT&J-GIRLSで優希(Desperado)にJ-NET王座を奪い返されるも、その後は本場タイでPK-1王座 を獲得し、ホームであるドラゴンボクシングスタジアム(DBS)の王座も防衛を果たしている。優希の王座返上により再びベルトを取り戻すチャンスが巡って きた。対する鳩は僅かプロ6戦目で王座戦に大抜擢。これまでの4勝のうち3つがKO決着しているだけに、大アップセットも夢ではない。
果たしてその勝負の行方は……!?

1R、 インローを蹴る鳩に対し若山は強烈な右ロー、鳩は蹴り足をキャッチしてこかす。若山は大振りの右フック、左ボディーから右ローへ繋ぎ、鳩も右ローを返す。 2R、右ロー、右フックを繰り出す若山に対し、鳩は左フックのカウンターと、1Rに続きスピーディーな展開。3R、若山が右ロー、鳩はカウンターでヒジを 狙い、パンチからテンカオに繋げる。若山も右フックから入りパンチ連打に繋ぐ。4R、両者のパンチが同時に当たる激しい展開が続く。鳩はバックブロー、左 たてヒジを狙い、若山はパンチからローを返していく。鳩はバックスピンキックや回転ヒジなどを積極的に出していく。5R、右フックからパンチ連打に繋げる 若山に対し、鳩もカウンターを合わせ打ち合いに応じ右ハイなども繰り出す。激しい攻防が続く中、敢え無く終了のゴング。結果は割れ、2-1の僅差の判定で 若山がベルトをその腰に取り戻した。

 

 


セミファイナルはAPKFウェルター級王者の栄基(APKF・エムトーンジム/元NKB同級王者、J-NETWORK同級6位)とJ-NETWORKウェ ルター級3位のCAZ JANJIRA(JANJIRA GYM/)によるJ-NETWORKウェルター級次期王者挑戦者決定戦。
栄基は先月の J-KICKにてJ-NET初参戦。DEEP☆KICKトップランカーの藤阪弘樹(M-FACTORY)に圧巻の流血TKO勝利をおさめたばかり。対する CAZは今年1月のJ-KICKで一階級上の王者・森本一陽(レグルス池袋)と引き分けた経緯を持ち、悲願のベルト戴冠に繋げたいところだ。王者・大竹将 人(TARGET)に辿り着くのは果たして……!?

1R、変則的な動きからインロー、右ハイからストレートに繋げるCAZ。栄基はどっしりと構え 距離を取りながら右ミドル、組んではヒジを狙いこかしていく。2R、首相撲の展開になると栄基のペース。 ヒジ、ヒザをバランスよく出しCAZをこかしてい く。

CAZは左ミドルからパンチに繋げるが栄基にかわされる。3R、ミドルからストレートに繋げるCAZに対し、栄基は右ロー、右ミドルを的確に当て、首 相撲でも優勢。終始危なげなく試合を進めた栄基がフルマークの判定勝利、タイトルマッチに駒を進めた。

 

 


第6試合のJ-NETWORKバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦、竹内将生(エイワスポーツジム/WPMF日本バンタム級王者、J- NETWORK同級1位)と小野剛史(S.F.K/J-NETWORKバンタム級7位)の一戦は、早い出入りをする小野に対し、右ミドル、右ローを返す竹 内。小野はバックブロー、首相撲では竹内を投げ飛ばし、竹内は距離を取って蹴り主体で攻め立てる。

両者がリング外に落ちる程の激しい攻防戦となったが、結 果2-1の僅差で竹内が勝利した。

 

 

 

 

 

 

 


第5試合、同じくJ-NETWORKバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦、生川龍星(魁塾/J-NETWORK2014スーパーフラ イ級新人王、J-NETWORK同級9位)とキム・ギフン(STRUGGLE)の一戦は、左ミドルを蹴るサウスポーのキムに対し、左右ローを返す生川。プ レッシャーをかけ前に出るキムに生川はパンチのカウンターを合わせる。
2R、二度目のローブローで減点1が与えられたキムはポイントを取り戻すべく、首相 撲を仕掛けるなど積極的に攻めにいったが敢え無くゴング。判定2-1で生川が決勝進出を果たした。

 

 


第4試合はJ-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦、加藤みどり(エイワスポーツジム)とCruSher松川敬子(村澤道場/J- GIRLSバンタム級2位)。1R、重心を落としパンチで前に出る松川に対し、加藤は前蹴りとミドルで応戦。2Rに入り松川の右のパンチがクリーンヒッ ト。
だが両者掴んでの攻撃でイエローカード、その後加藤が組んでヒザを出し減点1が与えられる。加藤はパンチからミドル、テンカオへ繋げ果敢に攻撃を仕掛 けるも、松川もパンチで応戦し一歩も引かず。判定0-3で松川が勝利した。

試合終了後、準決勝戦に繰り上がりの瑠璃(京都亀岡キックボクシングジ ム)と、5月の同トーナメント一回戦に勝ち上がった法 DATE(Team DATE/J-GIRLSバンタム級8位)の代理(華麗 DATE)がリングイン。
決勝戦シード抽選会を行い、瑠璃と法 DATEが準決勝にて対戦、その勝者と松川が決勝戦を争う事が決まった。

 

 

 

 

 

 

 


第3試合のJ-GIRLSミニフライ級次期王者決定トーナメント一回戦、キラッ☆Yuuki(魁塾)とMARI(NJKF・ナックルズGYM/J- GIRLSピン級4位)の一戦は、序盤からプレッシャーをかけパンチからミドルを繰りだすYuukiに対し、MARIは前蹴りで距離を取りながら Yuukiが入ってきたところにパンチを合わせる。だが徐々に手数を増やし前に出るYuukiに対しMARIはスタミナ切れか失速し、フルマークの判定勝 利でYuukiが勝利。5月の同トーナメント一回戦を勝ち上がった山口友花里(空手道 白心会/J-GIRLSミニフライ級5位、Girls S-cup2014 48kg日本トーナメント優勝、SB日本女子ミニマム級2位)と後日決勝戦を行う。

 

その他試合結果は以下の通り。

 

 



■J-NETWORK
『J-FIGHT&J-GIRLS 2015 3rd』

2015年6月21日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30

第8試合メインイベント J-NETWORKスーパーフライ級王座決定戦  3分5R(延長1R)

若山龍嗣
[Ryuuji Wakayama]
判定2-1
49-48
50-49
48-49

[Atsumu]
×
ドラゴンジム/
PK-1スーパーフライ級王者、
DBS同級王者、
元J-NETWORK同級王者、
J-NETWORK同級1位
TSKjapan/
J-NETWORKスーパーフライ級6位
※若山龍嗣が新チャンピオン

第7試合セミファイナル J-NETWORKウェルター級次期王者挑戦者決定戦
  サバイバルマッチ1
栄基
[Eiki]
判定3-0
29-28
30-28
30-28
CAZ JANJIRA
[Caz Jyanjira]
×
APKF・エムトーンジム/
APKFウェルター級王者、
元NKB同級王者、
J-NETWORK同級6位
JANJIRA GYM/
J-NETWORKウェルター級3位
※栄基がタイトルマッチ進出

第6試合 J-NETWORKバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1
竹内将生
[Masaki Takeuchi]

判定2-1
30-29
30-29
29-30

小野剛史
[Takeshi Ono]
×
エイワスポーツジム/
WPMF日本バンタム級王者、
J-NETWORK同級1位
S.F.K/
J-NETWORKバンタム級7位
※竹内将生がトーナメント勝ち上がり、決勝進出

第5試合 J-NETWORKバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1
生川龍星
[Ryuusei Narukawa]
判定2-1
28-29
29-28
29-28
キム・ギフン
[Kim kihoon]
×
魁塾/
J-NETWORK2014
スーパーフライ級新人王、
J-NETWORK同級9位
STRUGGLE
※生川龍星がトーナメント勝ち上がり、決勝進出

第4試合 J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1
× 加藤みどり
[Midori Katou]
判定0-3
28-29
28-30
27-30
CruSher松川敬子
[CruSher Matsukawakeiko]
エイワスポーツジム 村澤道場/
J-GIRLSバンタム
級2位
※CruSher松川敬子がトーナメント勝ち上がり、抽選により決勝進出

第3試合 J-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1
キラッ☆Yuuki
[Kira Yuuki]
判定3-0
29-28
30-28
30-28
MARI
[Mari]
×
魁塾 NJKF・ナックルズGYM
/J-GIRLSピン級4位
※キラッ☆Yuukiがトーナメント勝ち上がり、決勝進出

第2試合 フェザー級3分3R
KEN
[Ken]
不戦勝 ゼロ
[Zero]
×
APKF・エムトーンジム KIBAマーシャルアーツ
※ゼロが怪我のため欠場

第1試合 70kg契約  3分3R
堀野大次郎
[Daijirou Horino]
KO 2R
2'49"
岩田俊輔
[Syunsuke Iwata]
×
レグルス池袋 トイカツ道場
※デビュー戦

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。