J-GIRLS女子キックボクシング2015年以前の大会結果

★試合結果

12.12『J-NEXUS 2015~DAY~』
大会結果詳細

2015年12月12日(土)東京・新宿FACEにて2015年の集大成となる『J-NEXUS 2015』が昼夜の二大会にて行われた。

昼大会のメインイベントはJ-NETWORKライトヘビー級王者の木村秀和(HALEO TOP TEAM/J-NETWORKライトヘビー級王者、RISEライトヘビー級(-90kg)3位、WPMF日本クルーザー級4位))と初代 TRIBELATEクルーザー級王者の武来安(上州松井ジム/元WPMF日本クルーザー級8位)の一戦。木村は今年5月のJ-KICKにて藤田智也(小比 類巻道場/J-NETWORKライトヘビー級1位、WPMF日本同級3位)とライトヘビー級王座決定を行い、フルマークの判定勝利で悲願の王座を戴冠し た。対する武来安は現在7戦6勝1敗5KOとKO率80%を越えており、今後の活躍に期待がかかる逸材。王座戴冠後初のJ-NET参戦となる木村が強さを 見せつけるのか、それとも……!?

1R、長いリーチからのジャブ、ストレートを放つ木村に対し武来安は鋭い右ローを返す。木村はジャブからロー、左ミドルへ繋げ、武来安も右ローからワンツーに繋げミドルを返す。
2R、武来安は右ロー、パンチのコンビネーションからハイキックへ繋げ、木村も右ボディから右ハイを返す。木村のストレートに対し武来安は右ローを返し、一進一退の攻防が続く。
3R、 なおも鋭い右ローを出す武来安に対し木村は右ストレート。武来安は右ロー、首相撲では木村をこかしていき、武来安がやや優勢に。終盤は両者とも手数を増や すが、ローを的確に当てた武来安がJ-NET初参戦で王者を破る大金星を飾った。試合後のマイクでは自己紹介を交え「応援にてくださった皆様に感謝いたし ます」と流ちょうな日本語で挨拶した。

 

 


セミファイナルは元J-NETWORKウェルター級王者の笹谷淳(TangTang Fight Club &comrade)とInnovationウェルター級7位の雄一(Innovation・習志野ジム)の一戦。
ベ テランの笹谷は今年2月のBigbangにて「Bigbangウェルター級王座決定トーナメント準決勝」に参戦、WPMF日本ウェルター級9位の J(TSK JAPAN)からTKO勝利を収め王座決定戦に進出。惜しくも王座を逃したものの、39戦を誇るベテランの意地を見せつけた。対する雄一は2014年に Innovationウェルター級新人王を獲得し、今後に期待がかかる逸材。その結果は果たして……!?
1R、足を使って出入りする笹谷に対し、雄一は右ミドル、右ボディストレートを放つ。笹谷は左のインロー、パンチから左たてヒジを狙う。首相撲では雄一をこかしていく。
2R、左ストレート、奥足のローもヒットさせる笹谷に対し、雄一は右ロー、右ミドルを返す。笹谷は首相撲からのヒジも返し、笹谷ペースで試合が流れる。
3R、開始早々にサバ折りで減点1となった笹谷が猛然と前に出る。奥足のロー、パンチで飛び込み、組み合いから左ヒジ、雄一も右ハイ、右ストレート、右ヒジを狙っていくが、クリーンヒットに至らず。優勢に攻め立てた40歳の笹谷が40戦目を白星で飾った。

 

 

 

 


次世代選手による賞金ワンデイトーナメント「Next Generation Cup」。今大会では-63kg級と-60kg級の2階級、各4名で行われた。

-63kg級の決勝戦に残ったのは2014年のK-1甲子園に参戦経験のある齋藤巧樹(MA・菅原道場)と今回がデビュー戦の竹内智史(team KID)。
1R、カウンター狙いの齋藤に対し、竹内は左ストレートで飛び込み左ミドルを当てる。様子を見ながらの齋藤に対し竹内は右フックをクリーンヒットさせる。
2R、果敢に前にでる竹内に対し、齋藤はカウンターを狙い左右フックの連打、バックブローを返す。
3R、やや疲れの見える齋藤に左ミドル、左ストレートをヒットさせる竹内。齋藤も左フックを返していくが、終始前に出た竹内が僅差の判定で優勝した。

 

 

 

 

 


また-60kg級の一回戦を勝ち上がったRYO(TSKjapan/元TRIBELATEライト級王者)が眼窩底骨折の疑いにより試合続行不可能となり、敗者の百姓A(Dropout)が繰り上がり、サンドバック秋山(MA・菅原道場)と決勝戦を行った。
互 いにローで様子を見合うも、最初に動いた秋山が左右ローから右フックで飛び込んでいく。百姓は首相撲で対抗するも、秋山はなおもパンチで飛び込み左スト レートをクリーンヒットさせ百姓がダウン! トーナメントルールにより、一回戦にて2回のダウンがあった百姓がこれで通算3回のダウンとなり、秋山の TKO勝利となった。

 

 

 


その他試合結果は以下のとおり。

 



■J-NETWORK
『J-NEXUS 2015~DAY~』

2015年12月12日(土)東京・新宿FACE
開場:11:30 試合開始12:00

<全対戦カード> 【上:赤コーナー/下:青コーナー】

第13試合メインイベント 80kg契約  3分3R ※肘あり
× 木村秀和
[Hidekazu Kimura]
判定0-2
29-29
29-30
29-30
武来安
[Brian]
HALEO TOP TEAM/
J-NETWORKライトヘビー級王者、
RISEライトヘビー級(-90kg)3位、
WPMF日本クルーザー級4位
上州松井ジム/
初代TRIBELATEクルーザー級王者、
元WPMF日本クルーザー級8位

第12試合 68kg契約  3分3R ※肘あり
笹谷淳
[Atsushi Sasatani]
判定2-0
29-28
29-28
29-29
雄一
[Yuuichi]
×
Tang Tang Fight Club &comrade/
元J-NETWORKウェルター級王者、
J-NETWORK同級2位
Innovation・習志野ジム/
Innovationウェルター級7位

第11試合 Next Generation Cup -63kg級 決勝戦  サバイバルマッチ1 ※肘なし
× 齋藤巧樹
[Kouki Saitou]
判定0-2
29-29
29-30
28-30
竹内智史
[Satoshi Takeuchi]
MA・菅原道場 team KID
※デビュー戦
※竹内がトーナメント優勝

第10試合 Next Generation Cup -60kg級 決勝戦  サバイバルマッチ1 ※肘なし
サンドバック秋山
[Sandbag Akiyama]
TKO 1R 1'41" 百姓A
[Hyakusyo A]
×
MA・菅原道場 Dropout
※RYOが試合続行不可能で繰り上がり
※秋山がトーナメント優勝

第9試合 ライト級  3分3R ※肘あり
× 伊東伴恭
[Bankyou Itou]
KO 2R 1'21" 内堀裕斗
[Yuuto Uchibori]
アカデミア・アーザ/
J-NETWORKスーパーライト級9位、
2014年J-NETWORK同級新人王
UNDER GROUND/
J-NETWORKスーパーライト級10位、
2015年J-NETWORK同級新人王

第8試合 72kg契約  3分3R
KONZISI BADBOY
[Konzisi Badboy]
判定2-0
28-27
28-28
28-27
CHARGER
[Charger]
×
KUNISNIPE旭/
J-NETWORKライトヘビー級4位
Innovation・拳伸ジム

第7試合 74kg契約  3分3R
岩田俊輔
[Syunsuke Iwata]
KO 3R 2'07" 侍大樹
[Daiki Samurai]
×
トイカツ道場 侍道場

第6試合 バンタム級  3分3R
× 平野翼
[Tsubasa Hirano]
判定0-3
27-30
28-30
27-30
晃貴
[Kouki]
烈拳會 米子ジム

第5試合 Next Generation Cup -63kg級 一回戦  サバイバルマッチ1 ※肘なし
× ♂刈る。
[Osukaru]
判定0-2
28-29
29-29
27-29
竹内智史
[Satoshi Takeuchi]
PHOENIX team KID
※デビュー戦
※竹内が決勝戦進出

第4試合 Next Generation Cup -63kg級 一回戦  サバイバルマッチ1 ※肘なし
齋藤巧樹
[Kouki Saitou]
判定1-0
29-29
30-29
29-29

EX3-0
10-9
10-9
10-9
竹吉龍
[Ryuu Takeyoshi]
×
MA・菅原道場 上州松井ジム
※齋藤が決勝戦進出

第3試合 Next Generation Cup -60kg級 一回戦  サバイバルマッチ1 ※肘なし
RYO
[Ryo]
判定3-0
30-26
30-26
29-26
百姓A
[Hyakusyou A]
×
TSKjapan/
元TRIBELATEライト級王者
Dropout
※RYOが決勝戦進出(→眼窩底骨折の疑いで試合続行不可能)

第2試合 Next Generation Cup -60kg級 一回戦  サバイバルマッチ1 ※肘なし
サンドバック秋山
[Sandbag Akiyama]
判定3-0
30-29
30-28
30-29
田中雄大
[Yuudai Tanaka]
×
MA・菅原道場 Team Free Style
※デビュー戦
※秋山が決勝戦進出

第1試合 57.5kg契約  3分3R
× 野澤勇気
[Yuuki Nozawa]
KO 1R 2'45" 西井航希
[Kouki Nishii]
TANG TANG FIGHT CLUB 138 KICKBOXING CLUB
※デビュー戦

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。