J-NETWORK キックボクシング キックボクシングジム・キックボクシング大会 J-NETWORK トップページへ
J-NETWORKキックボクシング興行
J-KICK トップ・プロ大会

J-NETWORK主催興行
『TIME to CHANGE the KICK by J-SPIRIT 4th』
2011年8月21日(日)後楽園ホール

試合結果


●第12試合 メインイベント J-NETWORKライト級タイトルマッチ 3分5R
黒田 アキヒロ 3RKO 1'42"
※ローキック
ファイヤー原田 ×
 (フォルティス渋谷/
J-NETWORKライト級王者)
(ファイヤー高田馬場/
J-NETWORKライト級1位)
※黒田が防衛

●第11試合 セミファイナル J-NETWORKスーパーフライ級王座決定戦 3分5R(延長1R)
× ウエンツ☆修一 5R判定0-2
シーナ48-48
北尻48-49
仲48-29
優希
(スクランブル渋谷/
J-NETWORKスーパーフライ級1位)
(Desperado/
J-NETWORKスーパーフライ級2位)
※優希が新王者となる

●第10試合 J-NETWORKフェザー級タイトルマッチ 3分5R
佐藤 政人 1RKO 1'11"
※足の負傷
長崎 秀哉 ×
(フォルティス渋谷/
J-NETWORKフェザー級王者)
(WSRフェアテックス/
J-NETWORKフェザー級3位)
※佐藤が防衛

●第9試合 J-NETWORKウエルター級次期王座挑戦者決定戦 サバイバルマッチ1
× 西川 康平 3R判定0-3
シーナ28-30
小川28-30
北尻28-29
大竹 将人
(ティダマンディ八王子/
J-NETWORKウエルター級2位)
(TARGET/
J-NETWORKウエルター級3位)
※大竹が10月16日後楽園ホールで王者・笹谷淳とタイトルマッチ

●第8試合 フェザー級 サバイバルマッチ1 ※ヒジ無し
× 八神 剣太 2RKO 1'18"
※パンチ
小山 泰明
(レジェンド横浜/
J-NETWORKフェザー級4位)
(建武館)


●第7試合 60kg契約 サバイバルマッチ1 ※ヒジ無し
×

 

鬥嘩裟

 

延長判定0-3
シーナ9-10
北尻9-10
仲9-10

本戦3R判定0-0
シーナ28-28
北尻28-28
仲28-28

 

鶴谷 剛

 

(BLUE DOG GYM/
J-NETWORKスーパーフェザー級4位)
(NJKF・OGUNI-GYM/
NJKFスーパーフェザー級6位)


●第6試合 スーパーライト級 3分3R
石田 勝希 1RKO 1'35"
※膝蹴り
亮ZAMBIDIS ×
(チャクリキ顕修塾/
2009年新空手全日本大会
K-2GP軽中量級優勝)
 (REDIPS)


●第5試合 スーパーライト級 3分3R
ゾンビ島田 3R判定1-0
シーナ29-29
小川30-29
北尻29-29
備前 勝利
(ボスジム/
2010年J-NETWORKアマチュア
全日本大会ウエルター級優勝)
(天空・藤)


●第4試合 70kg契約 3分3R  
北斗 拳太郎 1RKO 0'52"
※パンチ
タバスコ侑一郎 ×
(ボスジム/
2010年J-NETWORKアマチュア
全日本大会ミドル級優勝)
(総合格闘技HIT)


●第3試合 スーパーバンタム級 3分3R
狼鐘闘 3R判定3-0
シーナ30-26
北尻30-26
仲30-27
鎌田 裕史 ×
(club E.D.O.) (韓道場)


●第2試合 ライト級 3分3R ※ヒジ有り
雷電HIROAKI 3R判定3-0
シーナ29-28
小川30-29
仲29-28
藤 良太郎 ×
(スクランブル渋谷) (天空・藤)


●第1試合 スーパーバンタム級 3分3R
KUMA☆CHAN 3R判定0-1
シーナ28-29
小川29-29
北尻29-29
ジョウイチロウ
(レジェンド横浜) (TARGET)

 




Copyright © J-NETWORK All rights reserved.